• ぜろすぽ鍼灸院・整骨院/ぜろすぽ整体院【青山】
  • 025-234-0708
  • LINE
  • ぜろすぽ鍼灸院・整骨院/整体院【新津本町】
  • 0250-25-7939
  • LINE

スタッフブログ

放置したら危険な腰痛〈側弯症〉 秋葉区整骨院

放置したら危険な腰痛〈側弯症〉 秋葉区整骨院

ぜろすぽ鍼灸院・整骨院/整体院 新津本町 青山です🌻

今回は放置すると危険な腰痛〈側弯症〉についてです!!

 

側弯症とは、背骨(脊柱)を正面から見た時に、背骨が左右に湾曲(曲がっている)状態を言います。
多くの場合、背骨自体のねじれを伴うと言われています。
左右の肩の高さの違い、肩甲骨の突出している、腰の高さの違い、胸郭の変形、肋骨や腰部の隆起などの変形を生じます。
側弯症は進行すると腰痛背部痛心肺機能の低下まれに神経症状が出現することもあります。
また、女性に多く見られると言われています。

側弯症には。機能性側弯と構築性側弯に分類されます。

機能性側弯
 姿勢疼痛下肢長差などの何らかの原因で一時的に生じた側弯のことをいいます。
側弯になっている原因を取り除ければ、側弯を治すことが出来ます。

 

構築性側弯
 背骨(脊柱)の捻じれを伴っていて、元の状態に戻すことが難しい側弯症です。
構築性側弯の中でも原因が分かっているものとそうでないものがあります。

  • 突発性側弯症
    全側弯症の約80パーセントを占めていて、原因は分かっていません
    発症年齢によって分けられていて、それぞれの特徴があります。
    乳幼児期側弯症:3歳以下で発症し、男児に多いです。
    学童期側弯症:4~9歳に発症し、進行する例が多く見られます。
    思春期側弯症:10歳以降に発症し、多くは女子です。身体の発育や成長が止まるまで進行し続けることが多いと言われています。

 

  • 原因の分かっている側弯症

先天性側弯症:生まれつき椎骨(背骨を形成する骨の1つ)の形に異常があるため生じる側弯症です。
先天性側弯がある場合、心臓や腎臓の異常がある場合もあるので、その方面の検査も必要となります。

神経・筋原性側弯症:脳性麻痺、脊髄性筋萎縮症、筋ジストロフィーなどの様々な神経や筋肉の病気が原因で発症する側弯症です。神経が障害されたことにより、背部や横腹の筋肉が麻痺して脊柱を支える力が失われ側弯になってしまいます。側弯の進行とともに、坐位バランスが崩れ、日常生活に支障が生じます。放置して高度変形になった場合、重篤な呼吸障害が生じます。他、誤嚥、食道逆流、便秘などの症状が生じることもあります。

神経線維腫症による側弯症:レックリングハウゼン病とも呼ばれ、特有な色素斑、皮膚腫瘍、などにより診断されます。

間葉系疾患による側弯症:マルファン症候群、エーラス・ダンロス症候群などの血管や結合組織の生まれつきの病気による側弯症です。

その他の側弯症:小児期の病気や外傷後の脊髄麻痺後や放射線治療後、火傷などのケロイド、くる病などの代謝疾患などの様々な原因により側弯症が起こります。

 

 

側弯症を正確に判断するにはX線(レントゲン)検査が必要です。
症候性側弯症の鑑別には、神経学的検査やMRI検査が有効です。側弯の進行が早い場合には、注意深く年に数回の診察、検査が必要です。


しかし、自宅でも簡単に側弯症の検査を行うことが出来ます!

①前屈検査
気を付けをした姿勢からゆっくりと深く曲げられるまでおじぎをしていきます。曲げたところで背中の左右の高さを比べます。
この時に肋骨や腰に左右のいずれかに盛り上がり、左右の高さに差があるかどうかを見ます。

 

②立位姿勢での検査
後ろ向きで真っすぐ立ちます。この時に左右の肩の高さ、左右の肩甲骨の高さ、ウエストラインの高さを比べて左右差があるかどうかを見ます。

 

 

この2つのセルフチェックで身体に左右差がある場合、側弯症が疑われる場合は一度医療機関を受診し検査することをおすすめします。
側弯症は、弯曲が進行する前に診断して、治療を開始することが大切です!!
治療方法は、側弯の原因や程度、年齢などによって変わってきます!
レントゲンなどの検査の結果、機能性側弯や治療を必要としない程度の構築性側弯症と診断されても、それが進行するかどうか十分注意し、経過観察する必要があります。

 

こちらに側弯症について詳しく掲載されているのでご覧ください。
https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/infants_scoliosis.html

 

 

 

当院、ぜろすぽ鍼灸院・整骨院/整体院 新津本町 青山では機能性側弯(姿勢・疼痛・下肢長差などの何らかの原因で一時的に生じた側弯) に対する治療を行うことが出来ます!!
機能性側弯にお困りの方に対して、お身体をしっかり検査し、お身体にかかっているストレスをゼロにし、痛みの緩和、元の姿勢に戻すため、全身調整を行うゼロ整体を行います!
そして、元の姿勢に戻らないように、姿勢をキープするための筋力をつける楽トレというメニューを提案させていただいております!!
他にも筋力が低下している方にはトレーニングを行ったり、自宅でできるトレーニング・ストレッチ・日常生活動作指導も伝えさせていただいております。
側弯症でお困りの方、根本改善し痛みを繰り返したくない方、腰痛肩こりなどのお身体の不調でお悩みの方、は是非一度当院にご相談ください!!!

ぜろすぽ鍼灸院・整骨院/整体院 新潟市西区青山

950-2002

新潟市西区青山1-9-1

TEL 025-234-0708

LINE https://page.line.me/rlj6753a?openQrModal=true

 

ぜろすぽ鍼灸院・整骨院/整体院 新潟市秋葉区新津本町

956-0864

新潟市秋葉区新津本町4-6-24

TEL 0250-25-7939

LINE https://page.line.me/121byuyx?openQrModal=true

お問い合わせ

ぜろすぽ鍼灸院・整骨院 ぜろすぽ整体院

LINE

受付時間

住所
〒950-2002
新潟市西区青山1-9-1
アクセス
青山駅から徒歩12分

ぜろすぽ整体院【新津本町】

LINE

受付時間

住所
〒956-0864
新潟市秋葉区新津本町4丁目6-24
アクセス
新津駅から徒歩11分