逆流性食道炎について|新潟県の新潟市のゼロスポ鍼灸整骨院・整体院

  • ぜろすぽ鍼灸院・整骨院/ぜろすぽ整体院【青山】
  • 025-234-0708
  • LINE
  • ぜろすぽ鍼灸院・整骨院/整体院【新津本町】
  • 0250-25-7939
  • LINE

逆流性食道炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • しょっちゅう胸やけがする
  • 食事後胃がもたれやすい
  • 食べた後気持ちが悪くなることが多い
  • よくゲップが出て酸っぱいものや苦いものが上がって来る
  • 風邪でもないのによく咳が出る

逆流性食道炎とは?|ゼロスポ鍼灸・整骨院グループ 新潟市

胃液や胃液と混ざった食べ物が逆流し、食道が炎症を起こす病気を逆流性食道炎といいます。

元来、胃と食道の間には弁の機能を持つ下部食道括約筋があり、逆流を防いでいますが、この機能が低下した時に起こりやすいと考えられています。
加齢によってこの筋肉の働きが低下するため特に高齢者に多かったのですが、近年若い人にも増える傾向があります。

逆流性食道炎の原因とは?|ゼロスポ鍼灸・整骨院グループ 新潟市

現在考えられている原因には、このようなものがあります。

  • ・加齢
  • ・便秘
  • ・脂肪分の多い食事による胃酸分泌量の増加
  • ・香辛料や刺激物、酸味の強いもの、アルコールの過剰摂取
  • ・喫煙

特に、近年の食生活の欧米化によって肉や脂肪分の多い食事をする機会が増え、それを消化するために胃液の分泌量が増えてしまうのです。
さらに、肥満や妊娠などによって腹圧が上がると、胃酸が逆流しやすくなります。

これが一時的な症状であれば問題はないのですが、常に胸やけや胃もたれがするようになると、潰瘍ができたり食道がん、大腸ガンのリスクが高まったりしてしまいます。
そのため、早期の治療が大切です。

当院の治療方針|ゼロスポ鍼灸・整骨院グループ 新潟市

病院では、逆流性食道炎の治療には主に薬物療法を行ないます。
胃酸の分泌量を減らす、胃酸を中和する、食道の運動を活発にする、食道の粘膜を保護するなどの作用がある薬を処方することがほとんどです。
しかし、この治療は薬を服用している間は効果があっても、中止すると再発しやすくなります。

そこで当院では対症療法ではなく、根本的な改善を目指しています。
逆流性食道炎の根本的な原因は、姿勢の悪さと自律神経の乱れにあります。
姿勢が悪いと内臓が圧迫されて機能が低下し、食べたものがスムーズに消化されなくなります。

また、自律神経は胃酸の量を調節する働きがあるため、この神経が乱れると胃酸が大量に分泌されたり、逆に分泌量が減り過ぎたりしてしまうのです。

当院での治療は、背骨や骨盤を整えることを中心に行ないます。
これらが矯正されると姿勢が良くなり、胃腸の機能が正しく作用するようになります。
また、背骨内にある脊柱管の中を自律神経が通っているため、姿勢が良くなると自律神経の働きも正常になり、胃酸の分泌量が調整されるのです。

さらに、胃はストレスに弱い臓器ですが、自律神経が正常に機能するようになると、ストレスに負けないようになっていくため、逆流性食道炎が再発しにくくなるのです。

当院では生活指導も行なっており、患者様と二人三脚でより早い改善を目指しています。
逆流性食道炎でお悩みの方は、ぜひ当院にお越しください。

お問い合わせ

ぜろすぽ鍼灸院・整骨院 ぜろすぽ整体院

LINE

受付時間

住所
〒950-2002
新潟市西区青山1-9-1
アクセス
青山駅から徒歩12分

ぜろすぽ整体院【新津本町】

LINE

受付時間

住所
〒956-0864
新潟市秋葉区新津本町4丁目6-24
アクセス
新津駅から徒歩11分